<< TMF Project(レコーディング)&やまももフェスタ2016 | main | Tokushima Musicians' Fes. 2016 ホンバン以外の楽しいあれこれ編 >>

Tokushima Musicians' Fes. 2016 ホンバン編


「musican's」でなくて「musicians'」やけんね。


というわけでTokushima Musicians' Fes.2016(以下TMF)。

おかげさまで、イヤほんまにおかげさまで会場内いっぱいのお客さま。

炎天下の中、開場30分前にはもう行列ができていました。

ありがたいなぁ。


7月31日(日)14時開演。あわぎんホール


今年のTMF Greatest Bandの不敵な面々をあらためてご紹介。

プロデュースを仰せつかって早くも4年目、住友紀人(EWI、Sax、Key)


歌とギターがまたもや精度アップ、エバラ健太(Gt、Vo)


ベースを構えた立ち姿にやまちも惚れる。スミトモとは初共演の二家本亮介(Bs)


TMF皆勤賞、魅せるドラマー鶴谷智生(Dr)


徳島でのスミトモイベント参加は3度目の柴田敏孝(Pf)

そしてここからはTMF初の弦楽四重奏。

初参加なるもすでにグレーテストバンドのムードメーカー、真部裕(Vn)


スミトモの高校の後輩にして徳島在住のヴァイオリニスト、綾野幸恵(Vn)


ステージで輝き、打ち上げでも輝く二木美里(Vla)


当ブログ久々の登場。スミトモの後輩、板東”ばんばん”真友美(Vc)


それでは徳島オーディション組のパフォーマンスをごらんください。

トップを飾ったのはS-tyle。

小5女子の堂々たるドラムをはじめとして「練習の跡」を感じさせるシッカリとした演奏に驚きました。


リーダー松田(写真左、Vo、Gt)の情念たっぷりの歌唱をラウドでけたたましい演奏が包み込んだ、Paparazzi Panic

うってかわって..

丸山純奈(Vo)と土橋琢史(Pf)のコンビ


小細工なし、それっぽいアザとさもなし


オーディションではショパンを弾き倒して我々の度肝を抜いたたしかな腕前

経てから..

暗そうだけど聴いてみるとそうでもない、重そうだけど聴いてみるとそうでもない、むしろ美しく、優しさが漂うEpidemic Trimmer Caori


徳島オーディション組のトリは井ノ上陽水(あきみ)。

その顔は前回いっぱい載せたから今回こういう写真にしたのではありません。

アコギだけで始まった曲に、スミトモ渾身のアレンジを施したドラム、ベース、ピアノそして弦楽四重奏が加わったこの瞬間の「豊潤さ」をここに記録しておきたいから。だからこの写真。

曲が終わってふと見ると、近くに座っていらっしゃる妙齢の女性がハンカチで目をおさえていました。



そしてゲストは..


宮本美季

スミトモ一座御用達音響の多田”おんただ”敬久氏に「かつて経験したことのない」と言わしめたその驚異の声量。


そして、舞台女優としての魅力も滲み出てました。


やまち個人的には、その楽曲の素晴らしさに感銘を受けました。作曲の才能ですね。

徳島の人民は幸せですよ。

月曜から金曜までこの人の歌声がタダで聴けるんですから(「フォーカス徳島」)。作曲はスミトモやし。

そしてフィナーレ。

出演者全員がステージに上がりました。


今回からはTMF Projectと銘打って、各楽器セミナー、ヴォイストレーニング、はたまたレコーディングが敢行され、さらにスミトモの理想に一歩近づいたものになりました。

それらに関わってくださったみなさまに御礼申し上げます。

そして末筆ながら、スミトモたっての要請により2年連続で舞台監督を務められました小林香織氏にも感謝申し上げます。


さて、スミトモの徳島での活動予定としましては

10月30日(日)HumaNoise Project@那賀町八面神社農村舞台が決まっております。

12時開場 13時開演(小雨決行)
入場料1000円(全席自由)
住友紀人(EWI、Sax、Key)矢幅歩(Vo)コモブチキイチロウ(Bs)山口とも(Perc)佐藤芳明(Acc)中山由依(Vo)

TMFがスミトモの表の顔ならこちらは裏の顔と言うべきでしょうか。
ともにスミトモが自らのライフワークと公言してはばからない舞台です。

今回は2度のTMF徳島代表歴を誇る中山由依が抜擢されたことも喜ばしいことです。

チケットは那賀町役場(0884-62-1177および各支所)、平惣書店(本部0884-22-1330および各店)にて絶賛発売中です。


では、次回「TMFテレビ&ラジオ&おまけ編(仮題)」をお楽しみに。

追記☆宮本美季さんはじめたくさんの方々からコメントをちょうだいしております。お忙しい中、ありがとうございます。
| ライヴ | 18:22 | comments(30) | - | - |
Comment
いやー、本当に素晴らしい機会を与えて頂き感謝してます!ありがとうございます!
次はスクリャービンあたりを弾き倒せたらと思っています!笑
2016/08/05 6:55 PM, from Tsuchi

住友さん〜☆やまちさん〜☆
ミュージシャンの方々!

ごちそうさまでした。
満腹感いっぱいのTMFでした
(*^▽^)/★*☆♪

住友さんの存在に、ミュージシャンの方々や観客席、その他もろもろを包み込む
大きな何か?を感じました。
リオの高台に両手を広げてそびえ立つイエス様の姿と重なりました。

ありがとうございました(^o^)(^^)(^○^)
合掌!!!
2016/08/05 7:58 PM, from ビッケ

あ!今テレビ付けたら
(ご来光)って文字が飛び込んで来ましたo(^o^)o

大きな何か?ってそれ!?
かなぁ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
2016/08/05 8:09 PM, from ビッケ
山本さーん!
本当に素晴らしいフェスでしたね。徳島の皆さまの優しさ、温かさに感動致しました。何よりも、山本さんを含める、スタッフの皆様のご協力あってこそのイベントでした。本当にありがとうございました(≧∇≦)また絶対に皆様に会いに戻って来ます!住友さんに心から感謝です&#8252;
2016/08/05 8:48 PM, from 宮本美季
おつかれさまでした。

長文コメントになること必至なので、何度かに分けて、小出しにさせていただこうかと思います。

今回のTMFは、わたし的には昨年の夏音祭、やまももフェスタから続いているような気持ちです。

やまももフェスで聴いた宮本美季さんのピアノの弾き語りによる楽曲が、
住友さんのアレンジで、こういう風になりました‥というのを、
おそらく、わたしがいちばん堪能させていただいたと思います。

もちろん、徳島ミュージシャンの楽曲にも、同じことが言えるわけで‥

やまちさんの言われる「熟成させた音楽の豊潤さ」が溢れた一日だったと言えるでしょう。

ほんとうに、仕事冥利に尽きます。ありがたいことでございます。


2016/08/05 10:03 PM, from おんただ
娘と同じ誕生日の山本さん。お疲れ様でした。
私は今回初めて参加のTMF、素晴らしいミュージシャンとスタッフの方々で、私も一緒に楽しませて頂きました。ステージもこんなにカッコ良い感じだったんですね!この場に立てた事すごく光栄に思います。住友さんありがとうございました。

これから 徳島の夏!と言えば TMFと阿波踊りですね!!



2016/08/05 11:03 PM, from ばんばん
ほんっっっまに幸せな時間でした...。
贅沢という言葉だけでは勿体無いくらいのバックの方々..。

住友さんはじめ出演者の皆様、そしてスタッフの方々に本当に感謝しかありません..。
やまちさんとも仲良く(?)なれて光栄です!笑

本当にこんな機会をいただけた住友さんに感謝です!!!
2016/08/06 2:57 AM, from コッチ井上(仮)
Tsuchiさま 

これはこれはショパン弾き倒しの土橋琢史さまかと拝察いたします。ラジオ業の合間に一番乗りでコメントくださり感謝申し上げます。

「次は」とのことですが、実はこのTMFに一度出られた方の多くは「次」も出たくなるらしいのです。それは、やはりTMFがあまりにもゴージャスな音楽空間だからではないでしょうか。

口幅ったい言い方になりますが、徳島でこんな「ゼイタク」はなかなか体感できないと思います。もちろんいろんなミュージシャンの公演はありますよ。しかしながら、いっしょに演奏とか、直接指導とか..はないですから!!

「次」の弾き倒し、期待しております。
2016/08/06 8:42 AM, from やまち
ビッケさま ことフシギ系ピアニストさま

待ってました、ビッケ節!パチパチパチ(拍手)

>リオの高台に両手を広げてそびえ立つイエス様

>(ご来光)

まさに今この時間に、リオ五輪の開会式やっとりますが、あまりおもしろくない開会式をも吹っ飛ばすコメントありがとうございます。

10月のヒューマノイズでも大いにお世話になります。よろしくお願いいたします。
2016/08/06 8:47 AM, from やまち
宮本美季さま!!!!!

柴田しばっちとのツアーの最中「自主的に」(←ここ極めて重要)コメントをくださり、わが編集室は上へ下への大騒ぎであります。

しかしどうですか。ほんとうに素晴らしいフェスでした。その多くは美季さんに負うところ大であります。ありがとうございます。

また次号ではテレビ出演の様子など掲載させていただきます。よろしくお願いいたします。
2016/08/06 8:52 AM, from やまち
おんたださま

陰の功労者おんたださま、いつもながら地味溢れる文章、久々に拝読しうれしい限りです。ありがとうございます。

>今回のTMFは、わたし的には昨年の夏音祭、やまももフェスタから続いているような気持ちです。

なるほどなぁ。こういうことはわしには書けんわ。コメント欄マニアの皆様に補足しますと、宮本美季さんがこれら3つのイベントに出られてるんです。その音響をこちらおんたださんが担当なさった。すべてつながってるんですね。

小出しパート2、はやく詠ませてください!
2016/08/06 8:57 AM, from やまち
ばんばんさま

今を去ること数年前、ワタクシが「徳島出身ほれも名西高校卒」のばんばんさまを野沢香苗さんを介して食事会にお誘いしたのが始まりでしょうか。その前にスミトモとは仕事してたんかな?

いずれにしましても、ご縁が続くどころか、お嬢さまの誕生日にまで影響を与える間柄となりました(グーゼンだろ、バカねぇ)。

そういうワケで(笑)これからもチェロ弾き倒してください。土橋くんはピアノ弾き倒すみたいなので。
2016/08/06 9:04 AM, from やまち
コッチ井上(仮)さま



一世風靡まっただ中の井ノ上陽水さまかと存じます。

このたびは7分間だか8分間、600名とも700名とも言われる聴衆を感動の渦に巻き込んだ偉業を達成されおめでとうございます。

7分8分と言えば誰あろうビートルズの「Hey Jude」を思い起こさせます。次作は「ヘイお京」でキマリですね。。 B面は「ヘイ蟻酸」で。
2016/08/06 9:13 AM, from やまち
TMF、本当に楽しい時間でした!素晴らしい方々と同じ舞台で歌えたことは、私にとって夢のような時間でした☆たくさん勉強もさせていただきました!この出会いを無駄にしないように、また、こんなステージで歌えるように頑張ります^ ^
本当にありがとうございました!
2016/08/06 10:22 AM, from すー
TMFお疲れさまでした!
本当に刺激的で幸せな時間を過ごさせて頂きました。
住友さんをはじめ素晴らしいミュージシャン、スタッフの皆様と一緒に、同じ時間を共有できたことに感謝感謝です。
ありがとうございました!!
2016/08/06 10:25 AM, from あやのゆきえ
このような機会を与えてくださった、関係者の方々に本当に感謝しています!
素晴らしいアーティストの方々の本物の音楽に触れられて、とても感動いたしました。

ありがとうございました(*^^*)
2016/08/06 12:23 PM, from S-tyle
皆さんのコメントですごい事になってる!!
遅ればせながら、うのちです!

本番は車イス席の隅っこあたりから、皆さんの演奏聞きながらジーンときてました。TMFも来年に向けてぼちぼち動きだします。

TMFおまけの更新も楽しみにしてまーす!
2016/08/06 4:53 PM, from うのち
やまちさま

先だってはTMF2016、大変お疲れ様でございました。
オーディション、セミナーから本番まで、長きに渡って緊張感とワクワク感の続いた日々でしたね。

今回で4度目の参加させて頂きましたが、スペシャルゲスト宮本美季ちゃんをはじめ、徳島ミュージシャンのみんなとTMFグレイテストバンドのみんなとスタッフのみんなと、本当にあの時間、あの場所でしか感じられないもので胸がいっぱいになりました。

おまけ編、楽しみにしております。笑
2016/08/06 4:56 PM, from アッチエバラ健太
すーさま

丸山純奈さまかとお見受けいたします。

6年生のときにオーディションを受けられましたが、その直後にスミトモをはじめみんなが「あの小さい子気になるなぁ」と言ってたのを思い出します。

今回でTMFは4回目ですが、いわゆる「カラオケ組」は全員不合格だったのです。それは「カラオケがダメ」というワケではもちろんありませんよ。ただどなたも「あまりに個性がなかった」のです。結果として。

しかし、あなたは違っていました。◯◯風ではない丸山風でした(ちょっとウマいか、これ)。

あなたのこれからについては、あなたを含めて誰も予想できないハズです。とんでもない世界を見せてください。またお会いできるのを楽しみに致しております。
2016/08/07 8:27 AM, from やまち
あやのゆきえさま

スミトモにとって、彼の人生において名西高校は極めて重要な位置を占めております。ですから、いまでもご縁が続いており、ことあるごとに後輩の方々を優しく厳しい目で見つめておるようです。

今回も綾野さんとの共演ができ喜んでおります。これからもこのご縁がずっと続くと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

早速、某日の非公開イベントでの共演が決まったとか(当ブログでもご紹介できるかな、どうかな??)

そんなワケで、ご主人さまと楽しい夏休みを! ..え?
2016/08/07 8:36 AM, from やまち
S-tyleさま

まずはお疲れさまでした。そして、よくぞオーディションを受けてくださいました。

その後のあれやこれやの貴重な時間を共有できましたことはボクにとっても宝物であります。ましてや、お若い皆さまがたにすればなおさらのこと。

これからも単に「オリジナル曲」でなはく、「オリジナリティのある曲」をボクたちに聴かせていただきたいです。期待しています!
2016/08/07 8:41 AM, from やまち
うのちさま

このたびも「たぶんいちばん忙しい人」であったいううのちさま、たいへんお疲れさまでした。

しかし、お客さまもたくさん足を運んでくださりまずはめでたしでした。

そしておっしゃるように、次へ向けて改善すべきことは改善していきましょう。よろしくお願いいたします!
2016/08/07 8:44 AM, from やまち
アッチエバラ健太さま

コッチ井上さまの相方のアッチエバラさまかと拝察いたします。

このたびは4度目、えーー?4度目??

ボクとアッチ様が初めてお会いしたのが2013年9月ですので、えーーっと、2014.2015.2016と3回目だと思いますよ。。

すでにグレーテストバンドのギタリストとしての不動の地位も固められ、毎回新曲も披露するという美味しいエバラ、クッパエバラ!!

この夏もあの歌う打楽器奏者とツアーされるんですね。成功と健康を祈ります。アクトは??(笑)

2016/08/07 8:53 AM, from やまち
オーディションから本番のステージまで本当にお世話になりました。
本番のステージ本当に楽しかったです。
それとブログでのウチらの紹介文、ドンピシャな感じっす!使わせてもらいま〜す。
2016/08/07 9:03 AM, from ET_Caori Masaru
アッチエバラ健太さま

追伸

スミトモとは3回目だけど、スミトモがプロデュースする以前に1度出演されてるのかな。とふと思った次第なり。
2016/08/07 9:11 AM, from やまち
ET_Caori Masaruさま

なにか日を追うごとに親しみがわいてきたおふた方でした。

やはり、どう見てもやや強面(こわもて)なんですよね。初見では。

でも、その音楽も人柄も柔和なんです。カオリさんの歌声も「可愛気」があるでしょう?まさるさんのギターもまず音色が「キレイ」でしょう?というワケでああいう紹介文にさせていただきました。

今回は写真も紹介文も気に入っていただき、とてもいい出会いができたと思います。これからもさらにおつきあいを深めていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
2016/08/07 9:17 AM, from やまち
やまちさんお疲れ様でした。今年も進化したTMF
を楽しむことができ、今回初めて観参した友人も大変感動していました。
豪華なゲストなのにチケット代が安いのにもビックリポン*
皆さん方の今後の活躍に御期待しています
2016/08/07 1:22 PM, from みよっち
小出しエピソード#1

本番の楽曲紹介中に、住友さん御自身が話されていたのですが
井ノ上くんの「お京」のストリングスアレンジが「完璧」なあまりに、
住友さん自身が演奏に参加するパートがなくなってしまった、と聞いて
内心かなりウケてしまいました。そういうこともあるんだなぁ、と。

そのおかげと思いますが、リハーサル時に「音楽監督」としての住友さんから
直接、弦楽四重奏のバランスを客席で聴きながら修正して頂けたことが
今回わたしが一番ありがたかったことです。
2016/08/07 9:30 PM, from おんただ
みよっちさま

今回も足を運んでくださりありがとうございました。またご友人もお誘いくださり感謝申し上げます。ボクらも自信を持っておススメできるイベントですのでウレシいです。

チケット代、破格かと思いますね。いろいろと試行錯誤の中で今回はこういう価格となりました。楽器セミナーなんんかも無料だったんですよ。次回からどういう改編がなされるかは知るヨシもありませんが、いずれにしても「良心的」な方向性は堅持したいですね。

またご助言などいただければと思います。
2016/08/08 12:48 PM, from やまち
おんたださま

お待ちしておりました。おんたださんの「小出し随想」のコーナー。

>井ノ上くんの「お京」のストリングスアレンジが「完璧」なあまりに、
住友さん自身が演奏に参加するパートがなくなってしまった、と聞いて
内心かなりウケてしまいました。そういうこともあるんだなぁ、と。

これはホントにいいエピソード。というか「音楽至上主義」のスミトモらしいですね。

宮本美季さんの規格外の声量と、今回初導入の弦カルのバランス。これはおんたださんも手こずったに違いありません。が、ホンバンはとてもよかったです。ホンバンよければすべてよし!です。
2016/08/08 12:53 PM, from やまち










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM